住宅ローンフラット35でおすすめは?

一生の中で最も高い買い物とも言える住宅ローンだからこそ、少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。
なので、この場を借りて安価で口コミでも評判の知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。
それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。
他のどこよりも金利が安く人気を集めていて、加えて、提携先であるイオンでショッピングをすると割引される嬉しいサービスが付いてきます。
他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。
これ以外でもいくつか調べて比較してみても良いですね。
新生銀行や住信SBIネット銀行住宅ローンが提供しているフラット35を検討している方や既に申請されている方も、知っている人と知らない人では10年後に大きく差がつく早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。
年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、まだ申込みをされていない方は特に事前に確認しておきましょう。
申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、または新築か中古の住宅を購入した方になります。
少なくても10年以上のローン期間がある事が条件となります。
これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。
住宅ローンフラット35を組む時はまず審査が必要です。
住宅ローンフラット35は最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査はとても厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
一般的には、数十万?数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
フラット35は、長期固定金利なのが特徴。
民間の業者と住宅金融支援機構というところが提携して提供しています。

フラット35はつなぎ融資が必要?金利高い?【おすすめ銀行は?】